ブログ

港区 料理サロン ひとつむぎ を主宰する あこ のおいしい徒然日記

雑誌「暮らし上手の定番和食」に掲載されました

Posted on Dec 24th, 2012

本日、12月24日にエイ出版社から出版される、
「暮らし上手の定番和食」で【素材を生かす 下ごしらえおさらい手帖】と題して
下ごしらえの基本とその大切さをお伝えするページを担当させていただきました。

写真も文章も食材数も料理も内容も満載!!
料理教室真っ只中の撮影でしたが
限られた時間のなかで、全力投球した渾身の6ページでございます。


春菊となめこのおひたし

基本の下ごしらえはもちろんのこと、私なりのポイントなども掲載いただき、
焼きなすやぶり大根、だしがらいりこのちょっとした活用法など
すぐにお料理に役立てていただける内容となっております。


焼きなす

私は、下ごしらえは素材のおいしさや美しさを引きだす術だと思っています。

同じ大根でも鮮度や収穫の時期が異なれば生かし方も変わり
下ごしらえの方法も変わります。

いつもどんなときも同じ術を扱うのではなく、
まずは手にとった素材と対話することが一番重要です。
アクは強いのか?、鮮度は?、露地物なのかハウスものなのか?。。。などなど
どんな”下ごしらえ=術”が適切か、
その答えは目の前にある食材のなかにあります。

素材の状態を見極めて適切な下ごしらえができると
シンプルな調理、最小限の調味料。
引き算の料理が成立します。


干し野菜

素材のおいしさをそっと引き出すお手伝いをする感覚で
下ごしらえを楽しめば素朴な家庭料理もご馳走のように見違えます!!

いつもより少し丁寧に素材と向き合ってみませんか?
きっと新たなおいしさや美しさに出会えるはずです(^^)

Comments

*