ブログ

港区 料理サロン ひとつむぎ を主宰する あこ のおいしい徒然日記

生ふのりのペペロンチーノ

Posted on Apr 5th, 2014

ひじきのペペロンチーノが大好きな私ですが、
ひじきの代わりにふのりで作ってみたらひじきを上回るおいしさのペペロンチーノができました。
おいしさの秘密はふのりのネバネバとミネラルたっぷりのうま味にありき!です。


ふのり

ふと市場で生ふのりを発見し、海藻好きの血が騒ぎ、迷わず購入!

春の一時しか生のふのりは出回らないので、普段は乾燥させたものや塩蔵のものを使用していますが、
やはり生が一番おいしいです!!

ふのりといえば定番は味噌汁の具?でしょうか。刺身のツマなどにもよく利用します。
味噌汁であれば煮ばなにさっと加えてシャキシャキとした食感を楽しむも良し、
少し煮てとろりとしたところをいただくも良し。

カロリーはほとんどありませんが、栄養価は非常に高く、
素晴らしい食材です。
あまり流通していないので知らない方も多いかと思いますが是非味わっていただきたい春の味覚です。

作り方はシンプルきわまりなし。

パスタを1%塩分のたっぷりの沸騰ゆでアルデンテにゆでます。
パスタは細めのもののほうがバランスがよいでしょう。
スパゲッティーニ以下がベスト。
本日はそれより少々太いスパゲッティしかなかったのでスパゲッティを使用しています。

パスタをゆでている間にオリーブオイルとにんにくをフライパンにいれて弱火でじっくりと
にんにくがうっすらきつね色になるまで揚げるように炒めます。
通常のペペロンチーノだとにんにく炒めができたところで赤唐辛子を加えますが、
今日のふのりにはいただきもののおいしい七味唐辛子を仕上げにふりたい気分なので
赤唐辛子は省略します。

ふのりをさっと洗って水気をきりフライパンに加え、さっとひと炒め。
油がまわったら、酒と鰹昆布だしを少々加えます。

パスタのゆで上がり直前にパスタのゆで湯少々とイタリアンパセリのみじん切りを加えて
フライパンをゆすってソースを乳化させ、パスタを加えて手早く和えます。
味をみて、コクだしにおまじない程度の薄口しょうゆで調味して器に盛りつけ、七味唐辛子をお好みで。

ねばねばとしたふのりがソースとパスタの一体感を強めてくれるので、
シンプル故に難易度の高いペペロンチーノも失敗がありません(^^)

ふのりをワカメや青のりなどにかえて、
お好みのハーブや季節の野菜を合わせてもよいですね。
だしがなければ動物性の食材を少し加えると◎

時々無性に食べたくなる海藻のペペロンチーノ。
忙しい時でもパスタをゆでている間にできてしまう
簡単&おいしい&身体にやさしい
三拍子揃った我が家の定番パスタです!!

Comments

*