ブログ

港区 料理サロン ひとつむぎ を主宰する あこ のおいしい徒然日記

離乳食はじめました

Posted on Jan 9th, 2015

あけましておめでとうございます!

子供が生まれてからなかなかブログを更新できる時間がとれず、
時々更新できたとしても子育て記事ばかりで
親ばかっぷりを大披露しておる私。

わかっちゃいるけどやめられない!
毎日ぐんぐんと成長して変化し続ける坊やとの今を記しておきたい気持ちが先走り
ついつい料理記事の前に子育て日記に手を付けてしまうこんな私を
本年もどうかあたたかく見守っていただけると嬉しいです。

先日、坊やの3〜4ヶ月検診に行って参りました。
田町の年季の入った小さな診療所。
先生はおじいちゃま、看護婦さんはおばあちゃま。
まるで孫をみるようにやさしく診察してくださいました。

体重は現在8kg。
予備の粉ミルクも出動することなく、母乳100%ですくすく大きくなりました。
先生にも健康優良児の太鼓判をいただき、
「堅太りでしっかりした理想的な赤ちゃんだよ。情緒も安定しているね。」
と嬉しいお言葉をいただきました。
「腰も座っているし離乳食もどんどんすすめなさい。」
とアドバイスいただいたので
本格的にスタートすることに。

「離乳食はなるべく早くからはじめて少しずつゆっくり食の楽しみを伝えるように。」
と食の恩師に教えられていたので実は2ヶ月後半ぐらいから
野菜や果物をごく微量あげていました。
食べるというよりは、初めての香りや感触に触れさせて
やさしく食指を刺激するような感じで。

今日から本格的に離乳食をはじめるので
まず玄米粥を炊き、ピューレ状にして製氷機に。
こうしておけば明日から楽ちんです。

今の坊やにとって最上の味は母乳。
すっきりとしてほのかに甘い母乳の味は粥の風味に似ています。

味付けのない離乳食だからこそ
素材の味わいが大切。
でもそれって大人の食事でも同じこと。

気持ちを新たに、
米を炊く、だしをひく、野菜に火を入れるなど
調理の基本を丁寧に実践してみようと思っています。

私は首が座った頃から息子と一緒に食卓を囲み
目の前でニコニコおいし〜!と食事をしてきました。
食事をする私につられて食べたそうな顔になったら坊やのお食事もスタートします。
あ〜んと私が大きな口を開けてみせると息子も大きく口を開けてくれます。

はじめての経験に戸惑いと驚きの表情をみせながらも上手にごっくんしてくれました。
食べさせることに集中するのではなく、子供と一緒に自分の食事も味わって楽しみます。

今日は玄米粥ひとさじのつもりでしたが満面の笑顔で大きな口を開けてくれるので
3〜4さじあげてしまいました〜
幸先の良い離乳食初日を迎えることができてお母ちゃんは幸せです。


生後131日

Comments

*

CAPTCHA