ブログ

港区 料理サロン ひとつむぎ を主宰する あこ のおいしい徒然日記

GW 軽井沢旅行の記録

Posted on May 15th, 2015

20150506軽井沢旅行4

 

旦那さんが企画してくれたGWの軽井沢旅行。
GWといっても祝日最終日の6日から平日の7日にかけてだったので
まったく渋滞にもはまらず、軽井沢でもそれほどの混雑にはあわず
生憎の天気予報もはずれて快晴!!とても好運な家族旅行でした。

今月で挙式をあげて2年目。
結婚2周年記念のお祝いもかねた我が家のイベントでもあり、
いつもとっても良い子のこんぶ兄ちゃんをねぎらうご褒美旅行や
8ヶ月の息子の冒険旅行をかねた
つまりは父ちゃんの家族サービス旅行というわけです。

東京から3時間で軽井沢に到着。
目指すは千ヶ滝せせらぎの道

 

20150506軽井沢旅行9_edited-1

 

マイナスイオンをたっぷり浴びながら清流のすぐ横を歩くお散歩コース。
幼児でも安心して遊べる水遊び場や休憩場所があるので寄り道も楽しい(^^)

20150506軽井沢旅行23

上流のほうへ進むと芹とクレソンが群生していて
新緑がまぶしいエリアを発見!私のテンションは急上昇!!
すぐにでも川にはいって山菜を愛でたい気持ちをぐっとこらえ
まずはこのお散歩道のハイライトである千ヶ滝を目指します。

滝で折り返し、気持ちのよい川辺でピクニック。
早起きしてドタバタ詰め込んだランチボックスと息子の離乳食。
おにぎりを頬張りながら、息子にも食べさせて一息ついたら
裸足で清流のなかへ。

20150506軽井沢旅行35

 

豊かな自然の中へそっと足を踏み入れる。
この歓びと開放感と心地よさに
野暮な説明は必要ないかな。

水遊びが大好きな坊やも一緒に川に入ってしばし山菜と戯れました。
旦那さんはあきれ顔で見ていましたが
私はこんなことをしている時が一番幸せです。

ちょっとした思いつきで翌日のランチボックスのサンドイッチに添える分の山菜を
ほんの少し頂戴しました。

 

20150506軽井沢旅行29

 

軽井沢には素敵な宿が沢山あるのだろうけど、
愛犬こんぶと一緒に泊まれるところは自ずと限られ、
今回は軽井沢プリンスホテルのドックコテージに泊まることに。

午後は施設内で2人乗り自転車をレンタルして軽井沢散策に出かけました。
2人乗り自転車ってちょっぴり恥ずかしいけど、あえて乗ってみたかったのです。
実際小回りきかず、重たいし、大変だったけど、
旦那さんが一番前で、背中に息子、私、私のリュックにこんぶが入って4人乗り!
家族の思い出がまたひとつできました(笑)
自転車走行中も赤ちゃんのケアやスキンシップができるので乳児連れには特におすすめです!

散策中ちょっと気になるお店を見つけたので備忘録。
ピレネーというお店のロケーション、たたずまい、空気感がとっても素敵でした。
なんとなく料理もおいしそうな予感。。。
客層をみると観光客というより別荘をもつ常連客がメインな感じ。
勝手な推測ですが。。。
次回軽井沢に行く時に行ってみたいレストランです。

夕食は夕暮れ時に早めにさくっとイタリアン。
その後アウトレットでお買い物。

大自然から、町歩き、お買い物までコンパクトに楽しめる軽井沢。
欲張りな一日でした。

坊やはお風呂にはいってそのままぐっすり眠ってくれたので
夜は持ち込んだスパークリングワインで乾杯。
腸詰屋のハムと昼間摘んだ山菜がおいしいつまみになりました。

 

20150506軽井沢旅行37

犬OK の宿泊施設って臭いとか衛生面とか正直心配だったのでタオルケットなど持参していたのですが、
不快感を感じることもなく快適に過ごせました。
ありんこがちょいちょい侵入していたけど、そのくらいはまぁ許容範囲かな。

 

20150507軽井沢旅行49

息子もこんぶもいつもと違う空間に大はしゃぎ。
毎度のことよく眠り、5時には目を覚ましてデッキで一人発声練習!?をしていました(笑)
声が響いて楽しいのかな。とにかく最近はよくお話するようになりました。

 

20150507軽井沢旅行67

2日目は池の平湿原へ。
標高が高いので5月はまだ時期が早かったようで残雪もちらほら。
高山植物はあまり見られませんでしたがそれなりに楽しめました。

20150507軽井沢旅行6820150507軽井沢旅行70

お昼ごはんは前日軽井沢をサイクリングしながら行く先々で調達した地元の食材が勢揃い!
チーズがあれば完璧でしたが、これでもなかなか賑やかで満足です。
少し肌寒かったので芹の味噌汁と食後の珈琲がとっても美味しかったなぁ。

湿原には鳥の声以外なにも音がなく、
ふとサハラ砂漠の静寂を思い出しました。
都会に住んでいると静寂が恋しくなることがよくあります。。。

湿原をあとにして
山の反対側に車で下ると巨峰が名産の長野県東御市に至りました。
日当りのよい斜面がゆるやかに続き、
ふもとの街の向こうには北アルプス、美ヶ原、八ヶ岳を望む爽快なロケーション。

 

 

20150507軽井沢旅行7520150507軽井沢旅行79

偶然みつけた日帰り温泉にの〜んびりつかって帰ることにしました。
東御市にある湯楽里館という日帰り温泉施設。
お湯はまずまずですが、乳児連れにも優しい施設で
なにより露天風呂からの景色が素晴らしい!!

↓ こ〜んな景色がお風呂から見渡せます。
息子も温泉?というか水遊びを楽しんでいました。
湯上がりも大広間やお庭でくつろげるのが嬉しい。

 

 

IMG_2988

程よく体力を消耗したのか、
帰りの車では東京までノンストップで眠り続けてくれたので大助かり。
外の景色を眺めながら静かな時間を過ごすことができました。

 

息子が生まれ、
旦那さんと私はお父さんとお母さんになり
旅の楽しみ方も変わってきていることを実感する旅でした。

乳児連れだと制約も沢山あるけど、
坊やの成長の一場面一場面を大切に過ごしていきたいなと思うのでした。

父ちゃん、色々ありがとね。

 

Comments

*