ブログ

港区 料理サロン ひとつむぎ を主宰する あこ のおいしい徒然日記

キンモクセイのハーブティー – 桂花茶 -

Posted on Sep 11th, 2011

桂花茶2_T桂花茶3_T
キンモクセイのハーブティー – 桂花茶 –
私の大好きな外苑前にあるギャラリー MA by so shi te
日本全国の美しい手仕事の作品をずらり並べた店内はとても見応えがあり、
外苑前を通るときは必ず立ち寄って宝探しを決行しています。
品物もさることながら、こちらの店主の四朗さんがとても素敵な方で
四朗さんに会いたくなってしまうのです。
桂花茶1_Y
そんな四朗さんからいただいた手土産のキンモクセイのハーブティー。
桂花茶というそうです。
桂花茶2_Y
目を凝らしてよーく見るとキンモクセイのお花です。
香りがとっても豊かです。
朝起きたとき無性にハーブティーが飲みたくなって
白いお花がチャーミングなティユールとブレンドしていただきました。
お湯をポットに注ぐと、満開のキンモクセイの木の下に居るかのようです。
この時点で私は桂花茶にFall in live 
一口味わって虜になりました。
伸びやかで透き通るような高尚で上品な香り、
ほんのり甘くまろやかな味わい、
うっすら金色に染まるカップ。
どっこも嫌なところがなく
深くどこまでもやわらかく、やさしい。。。
しばらくたって2煎目をいただくと、色はさらに黄金色に、香りは一層ひらいて濃厚です。
小さくて繊細なキンモクセイの花。その見かけとは裏腹に香りは長い間持続します。
そして色は次第に黄色から黄金色へと変化して、最後にはキンモクセイの花と同じ橙色へと深まっていきます。
中国では広西桂林の桂花焙青(緑茶)、福建安渓の桂花烏龍、四川北碚の桂花紅茶など
桂花茶の芳しい香りを付けて、こくのある風味を際立たせたブレンドティーがあるそうです。
2〜3煎目の高山茶などにひとつまみの桂花茶をいれれば、
新たな楽しみが膨らみそうです
目覚めもいいけれど、疲れた日の夜はじんわり心とからだを癒してくれそうです。
大好きだったキンモクセイ。もっともっと好きになりました。
これからキンモクセイが香る季節。
桂花茶でお部屋のなかでも甘やかな季節の香りを楽しめるなんて最高ですね。
私の常備ハーブティーになりそうな予感です。
四朗さん、
いつもいつもありがとうございます!

Comments

*