ブログ

港区 料理サロン ひとつむぎ を主宰する あこ のおいしい徒然日記

北アルプス 西穂高 2012年9月14日

Posted on Sep 18th, 2012

今日は北アルプス西穂高の独標を目指します。
ついに私たちの登山デビューです(^^)

その前に腹ごしらえ。
お父さんから借りたキャンピングセットで屋外でも自在に料理を楽しめます。
朝は時間がないので10分程度で仕上げられる料理が鉄則。

前の晩から持参したいりこと昆布を水につけておいて、その鍋を朝火にかければおいしいだし汁がひけます。
湯が温まったら切り干し大根、手作り乾物野菜のにんじん、ゴーヤ、ねぎも加えて塩と醤油で味を整えます。

隣りでうどんをゆで、ゆで上がったらだし汁のお鍋に移し、
昨晩のしゃぶしゃぶの残りの豚肉もさっと湯がいて移します。
青のりもたっぷりトッピングしていりこだしの豚しゃぶうどんのでき上がり!

うどんはあえて少なめにゆでて、
後半はごはんを加えて雑炊に。

いりこたっぷりの栄養満点なお出汁を捨ててしまうのはもったいないので
こうすれば最後までおいしく食べられます。

本当は上高地側から自分の足で登りたかったけど、上高地にはマイカー規制があるので、
西穂高を隔てた反対側の新穂高、飛騨側からのアプローチ。

ロープウェイの乗り場の手前になんだか感じの良い温泉を発見!!
下山後の楽しみがひとつ増えました。

登山ど素人カップルなので今回は無理をせず、
新穂高ロープウェイを乗り継いで西穂高口まで行きます。

ガチ山を登りたい衝動をおさえて
今回は慣らし登山だと言い聞かせる。

ロープウェイから青々とした朴葉の木が見られます。
お料理屋さんで出てくる朴葉しか見たことがなかったので、
自然に生えている姿を見ることができて嬉しい。

ロープウェイの降り口からの眺め。
この時点で既に標高2156m。

登山届もださなくちゃ。
ちゃんと無事に下山できますように。

右側の斜面からつんとでた尖り帽子が今日の目的地 独標。
その先も西穂高岳→奥穂高岳と続きますが、初心者ではとてもとても入山できない危険な登山道です。

樹林帯には秋の気配が漂いはじめていました。

朝の凛とした空気が心地よい。
風がそよそよとふき抜けていきます。

1時間ちょっとで西穂高山荘に到着。
山荘の正面には焼岳。

しばし休憩して出発。
ハイマツの間の石がゴロゴロ積み重なったような急斜面をたんたんと登る。

ここを登りきると目の前に夢のような景色が広がります。

目の前にそびえる西穂高岳。
視界が一気に開けて360度のパノラマ。
テンションあがる〜!!!

大自然の息吹が五感に沁み渡ります。

独標を目前にとらえました。
あともうちょい(^^)

これ登山道!?
崖でしょ。。。
初心者は独標までという忠告がやけに頷ける。

ゴリゴリの岩場に咲く高山植物にほっと癒される瞬間。
左手には谷底が広がっています。

一歩一歩着実に。
気をつけないと!!

目の前に立ちはだかる壁。
この壁を登ると独標です。

おお〜高度感ありあり。
本で読んだ三点確保とはこのことか!?
登山というよりロッククライミングに近い。

高いところが大好きな私はちょっぴりスリリングでとても楽しめました。

途中この先のジャンダルムから下山してきたベテラン登山者とすれ違いましたが
スパイダーマンのような身のこなしに見とれてしまいました。
姿勢、バランス感覚、動きに無駄と無理がない。すごい。。。

じゃ〜ん、独標到着!!

下山途中の見晴らしの良い場所でお昼ごはん。
本日のメニューはロールドオートと玄米の帆立雑炊。


ロールドオート

麦を押しつぶしたロールドオートは山ごはんに最適。
栄養満点で持ち歩きも軽くて楽。
水にいれればお米感覚ですぐに食べられるので調理も即席&簡単です。

帆立の缶詰、玄米ごはん&ロールドオート
乾物野菜色々、乾燥わかめ、青のり、ゴマをあわせた雑炊のでき上がり。
調理時間6〜7分程度の山ごはん。

乾物野菜を上手に利用すると山でも野菜をたっぷり食べられるのが嬉しい。
乾物は軽くてコンパクト、保冷の必要もないし、賞味期限も長い、
栄養も凝縮しているので山やキャンプに大活躍!!
また新たな乾物の楽しみ方を発見!!!
次の登山に何を持って行こうかイメージがどんどんふくらみます。

ストーブ・コンロとクッカーがあれば、
大自然のなかで、いつでもどこでも好きな場所が私のキッチンになる。
こんなに楽しいことってそうそうありません。
最高です。

ゆくゆくは山菜やきのこの知識も深めていきたいな。

景色や高山植物を愛でながらのんびり下山。
東京のどこに出掛けても満たすことのできなかった心の隙間が
みるみるうちに満たされて喜びが溢れていく。

山に恋をしてしまったようです。

西穂山荘で珈琲ブレイク。
おやつはドライいちぢくとレーズン、ペカンナッツとくるみ。



樹林帯を歩いているとみるみるうちに山を霧がおおい、
しっとりとした空気に包まれて、行きとは全く異なる表情を見せてくれました。

無事ロープウェイに乗り場に到着。
まだまだ体力が有り余っていて若干物足りない感はありますが、
たくさん寄り道して、ゆっくりじっくり山を楽しむことができました。

ロープウェイに乗ってしばらくすると大粒の雨が。
なんというベストタイミング。

雨にぬれた山々も素敵。

今朝目をつけていた中崎山荘奥飛騨の湯へ直行!!
下山者で賑わっているかと思いきや、1時間近くゆっくりお風呂を楽しみましたが、
私ONLY の貸し切り状態でした。

温泉からの景色は ↓こんな感じ。

源泉かけ流しの内風呂と露天風呂、温泉のミストサウナまであって大大大満足。
お湯もいいし雰囲気も最高。
冷たい北アルプスの水と熱い温泉も自由に飲むことができて
奥飛騨の湯を心ゆくまで堪能することができました。

また何度でも訪れたい温泉です。
場所柄、団体客の利用も多そうなのでできれば
平日などお客さんの少ない時がおすすめです。


晩ごはんはふらりと飛騨高山付近のお店へ。

何のリサーチもなく立ち寄った『陽の芽』というお店。
ご夫婦で切り盛りされている感じの良いお店でした。

味噌煮込みうどん、
おいしかった。

飛騨高山を散策したいという私の希望はあっさりと却下され、
今晩は下呂へ向います。
翌日の移動距離が長くなっちゃうもんね。

高山はまた今度。

明日は三河のおばあちゃんに会いにいきます。

Comments

*