ブログ

港区 料理サロン ひとつむぎ を主宰する あこ のおいしい徒然日記

珈琲時間

Posted on Jan 1st, 2008

私の食後の楽しみは珈琲と珈琲のお友(チョコやクッキーなどの甘味)を味わう時80

そんな時間をさらに楽しくしてくれる私のお気に入りのアイテムと行きつけのお店をご紹介!!

美味しい珈琲アイテム

ケメックスコーヒーメーカー

chemex 3

6カップ用

1940年に生涯で300以上もの特許を取得したといわれるアメリカの科学者シュラムボームが

実験室での日常をヒントに発明したコーヒーメーカー。

彼とその研究仲間は実験室に転がっているフラスコをコーヒーメーカーの代用として使っていたそう。

その使い道をヒントにredesignして作り出されたのがケメックス。

私はシンプルで長く愛用できるコーヒーメーカーを探し求めて、ケメックスを発見した。

持ち手のウッド部分とそれを固定している革紐のデザインが好き。

使い勝手の上でも大いに貢献してくれます。

3カップ用と6カップ用があるけど、私はポテッとした形の6カップ用が断然気に入っている。

chemex

3カップ用

chemex 2

フィルターは底が三角形の特製のケメックス・ボンテッド・フィルターを使用。

聞くところによるとこのフィルターは底が平らなフィルターよりも優れものらしい。

渋みの原因となる酸味と脂肪分を適度に取り除いてくれて

珈琲のコクのある旨味を抽出できるのだそう。

昨日、大好きな三谷龍二さんの作品集を見ていたら、

彼もまたケメックスの愛用者であることを知りなんだか嬉しくなった。

それだけではなく、彼はなんとケメックスの取手部分を山桜で制作されていたのだ!

数年後、今の取手が使えなくなったら次は絶対三谷さんの作品を使いたいな〜265

最近知ったのだが、柳宗悦はアメリカのミッドセンチュリーを代表するデザイナー、

チャールズ・イームズの自邸でケメックスでコーヒーを御馳走されたことに感激して

アメリカ土産としてこのコーヒーメーカーを持ち帰り、

息子の柳宗理も長年愛用しているのだそう。

良きものは時代を越えて愛されるんだなぁ〜


美味しい珈琲豆のお店

coffee

麻布珈房 港区麻布十番2-13-7

営業 10:00〜18:00  /  日休

麻布珈琲は、世界各地の選りすぐりの豆を仕入れていて、店内には生豆がずらり!

豆は注文を受けてから、個別に焙煎してくれる。

焙煎したて、煎りたての珈琲の香りがたまらない。

Comments

*