ブログ

港区 料理サロン ひとつむぎ を主宰する あこ のおいしい徒然日記

須田二郎さん 工房探訪

Posted on Nov 25th, 2010

スイートポテト 
今日は木工作家の須田二郎さんの工房に遊びに行きます。
種子島のおいしい安納芋があったので差し入れにスイートポテトを作ってみました。
最近我が家のベランダ緑地に仲間入りした南天は秋色に色づいて
とってもいい感じだったので、スイートポテトと一緒にラッピング
安納芋2 
種子島の安納芋は、薩摩芋のなかでも一番糖度が高いといわれていて、
クリーミーでやわらかく蜜をたっぷり含んでいます。
薩摩芋はなるべく丸々としたもので、切り口がしっかり枯れていて
蜜があふれだしているものを選ぶと間違いなし
忙しいときはレンジでチンもいいけど、
じっくりと低温でふかしてあげると芋に含まれるでんぷん質がぶどう糖に変わって、
より一層甘みが増して格段においしく仕上がります。
ねっとり安納芋&ほっくり薩摩芋 
ねっとり安納芋とほっくり普通の薩摩芋をブレンドして、
食感と味わいのバランスをとります。
今が旬のお芋はそのままで十分甘いので、
少量の水あめをプラスするのみ。
あまり手を加えず素材まかせです。
隠し味はバニラビーンズと焦がしバター。
ポイントはしっかり裏漉しすること。これ結構力のいる体力勝負です
今日は、ほんのりシナモン風味とラム酒風味の2種。
須田さんの工房は高尾山の少し手前にあります。
電車に揺られること1時間。
澄んだ空気が気持ち良い
今日は絶好の快晴
須田二郎さん工房探訪3 
須田二郎さん工房探訪2 
須田二郎さん工房探訪1 
須田さんの工房までの道のりには秋を感じる景色がたくさん。
ついつい寄り道してしまい、心配した須田さんから連絡が。。。
写真を撮りだすと時間を忘れてしまう私の悪い癖です。
後ろ髪をひかれつつ工房へと急ぎます。
到着。
須田二郎さん工房探訪4-1 
須田二郎さん 
売れっ子の須田さんは、モリモリ制作中。
いつになく真剣な眼差し。
大御所料理研究家さんや、某雑誌社などからの発注で大忙し。
須田二郎さん工房探訪5 
美しいものは生みだされる過程もまた美しい。
道具に魂が宿っていく瞬間。
見ていて飽きません。
ものづくりは作る人の人柄が作品にも滲みでてくる気がします。
須田さんの作りだす器や道具は、
強くて優しくて、どこかほっとさせる温かみがあります。
木や自然に対する愛や感謝の気持ちが
このやさしさを育むのかな。。。
須田二郎さん工房探訪6 
制作中の木べらとバターナイフ
須田二郎さん工房探訪7 
前から目をつけていたかわいいスプーン。
こうやって作られていたんですね。
須田さんが淹れてくださった深入りの珈琲。。。
とってもおいしかった
帰り道。
今まで何度、文章におとしても
伝えたいことを伝えきれなかった私の料理サロンのコンセプト。
半月くらいあーでもないこーでもないと推敲してたのに、
帰りの電車のなかで不思議なほどさらりと
書きあげることができました。
須田さんからたくさん気付きと発見をいただきました。
ありがとうございます。

Comments List

  • えどえり より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    って、とっくに帰ってきてるよね。おかえりなさい。
    ACOちゃん、一回り大きくなった?というか一皮剥けたって感じ。
    料理教室のご案内、いまかいまかと心待ちにしています。
    今、新居に引越しの真っ最中で、一からいろいろと揃えてるんだけど、何かよいキッチン道具とかあった教えてください・・・。
    キッチン道具以外のインテリアも。
    頭の中がごちゃごちゃで全然素敵な部屋になりそうにないのー。泣。

  • あこ(ACO) より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    料理教室のご案内ただいま必死に制作中です!!
    インドでの生活で少し肩の力が抜けて、
    不安や心配ごとも色々あるけど、
    今自分ができることに集中しよう!
    って思えるようになったかな。
    帰国してからは農家さん巡りや、
    ロゴ・名前・ホームページ制作、料理の試作、試作、試作。。。
    って感じでバタバタしてます。
    私も今まさに器や調理器具を買い求めてあっちこっち走り回ってるから
    いつでも相談して!!
    ご希望の品などあれば、イメージに近いものを紹介できるかもしれないし。
    私、妄想インテリアコーディネート大好きだから、喜んでお付き合いするよ!!

Comments

*